OSKLEN WOMEN'S

ブラジル・リオデジャネイロのクリエイティブ・ディレクターであるオスカル・メツァヴァトが提案するニューラグジュアリーブランド。
リオ・デ・ジャネイロを拠点にファッション・アート・文化・デザイン・自然を融合させ、ブラジルらしい現代的なライフスタイルを提案している。

1986年、ブラジルの登山隊がアコンカグアの登頂をした際に、オスカル・メツァヴァトは寒さに耐える機能的なスノージャケットを制作する。
この登頂はテレビ中継されたため有名になる。

1989年オスクレン(OSKLEN)をスタートし、リオデジャネイロに最初のショップをオープンする。
はじめはウィンタースポーツ用のアイテムを展開していたが、数年後にはプレタポルテコレクションを発表。

1992年、最初のファッションショーをリオデジャネイロで開催する。

1996年にサーフウェアコレクションを、1999年にウィメンズのプレタポルテコレクションを発表。

2002年、リサイクル素材を使用したラインをスタート。

オスカル・メツァヴァトは正規のファッション教育を学んでいなく、自身もファッションデザイナーであると思っていない。
オスクレンの服が映画のコスチュームであるように、映画を撮影するようなクリエイティブなプロセスで、コレクションを創り出している。

オスクレンは現在、ブラジル国内に41の、ポルトガルとイタリアに3つ、アメリカ、日本、スイスに1つのショップを展開。
80